家電製品を廃棄するにはどうしたらいいの?

家電リサイクル法、皆さん「そういう法律がある」ということは知っているけれど、
詳しい内容については、知らない人が多いのではないかと思うんですね。

 

簡単にいえば、
「家電製品を廃棄しようとする場合には、お金がかかる」ということなんですが、
このサイトでは、この家電リサイクル法について、
どんな内容で、家電製品を廃棄するには具体的にどうしたら良いのか、
詳しく紹介してみたいと思います。

 

 

家電リサイクル法とは?

 

家電リサイクル法は、平成10年に制定されました。
正式な名称は、「特定家庭用機器再商品化法」という難しい名前になっています。

 

経済産業省と環境省が中心となって制定したものなんですが、
制定の目的は、まず廃棄物を減らすこと、
そして資源を有効活用を促進すること、となっています。

 

家電リサイクル法の趣旨は、家電製品の一部を廃棄する場合、
「リサイクル料金」がかかってくるということなんですが、
具体的にリサイクル料金が必要になる家電製品は、次のとおりです。

 

  • エアコン
  • テレビ
    ※ただしチューナーを内蔵していないPC用のモニター等は対象外。
    PCモニターは、「資源有効利用促進法」という別の法律の対象となっています。
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機

 

すべて家庭用として製造されている製品が対象で、業務用機器は対象外となっています。

 

 

リサイクル料金はどのくらいかかるの?

 

リサイクルの対象になる家電製品は4品目ですが、
リサイクル料金は以下のとおり6区分されています。

 

  • エアコン
  • テレビ小(15インチ以下)
  • テレビ大(16インチ以上)
  • 冷蔵庫・冷凍庫小(170L以下)
  • 冷蔵庫・冷凍庫大(171L以上)
  • 洗濯機・乾燥機

 

リサイクル料金が、この区分ごとに一律なら、話は簡単なんですが、
実はそうなっていなくて、同じ製品区分でも、メーカーによって違うんですね。

 

ですから正確なリサイクル料金は、一覧表をきちんと見て調べる必要があると思います。
リサイクル料金のうち一番安いのは1,785円、一番高いのは5,869円です。

 

家にある家電製品の製造メーカーが、もうなくなってしまっている場合もあると思うんですね。

 

その場合にも、リサイクル料金は決まっていて、
「指定法人(その他)」という区分の料金が適用されることになっています。

 

 

ブランド品の扱いはどうなるの?

 

学生時代は、グッチだヴィトンだとブランドものに目がなかった私。
ブランドものをもっていることで、大人になった気になっていました。

 

ヴィトンは高いけど、グッチなら頑張れば買えるかな、コーチなら無理せず買えるかな、
そんなレベルでお財布を買っていました。社会人になり、ブランドものを卒業し、
自分なりのこだわりを持ち財布を購入することが増えました。

 

現在使っている財布は、オークションで購入したハンドメイドのお財布(新品)。
価格にして5,000円くらいです。リバティのフェリシテの生地を使用した長財布。

 

留め具がついていたり、持ち手をつけられることが「うっかり屋」の私にはぴったりでした。
カードポケットがたくさんあることも決めての一つでした。

 

友達も同僚も誰も持っていないオリジナルの財布。高いブランドものの財布を持つよりも、
丁寧に作られたハンドメイドのお財布を持つことで、
自分の満足度が上がっていることに年齢を感じました。

 

財布メンズ ブランドの革製品ではなく、布製の財布なので、汚れが目立つのが難点ですが、
誰とも被らないこのお財布は私にとってとても贅沢品です。

 

ハンドメイド品でないにしろ、「お札を折らずに入れられること」
「小銭入れが別についていること」「カードポケットがたくさんあること」
この3つの条件を満たしていることが私がお財布を選ぶ基準となりますが、
加えて条件とするならば「なるべく人と被らないこと」でしょうか。

 

まず、「お札を折らずに入れられること」についてですが、
お財布の中でお札がしわくちゃになっていると、お金を粗末にしているようで悲しい気持ちになります。

 

そして「小銭入れが別についていること」は、
大抵どのお財布でもクリアされると思いますが現金支払いで小銭が増えないようにするためには必須です。

 

続いて「カードポケットがたくさんあること」については賛否両論でしょうが、
私のように主婦でクレジットカードやポイントカードをお得に
使い分けている人にとっては重要なことではないでしょうか。

 

最後に「なるべく人と被らないこと」については、完全に自己満足です。
学生時代、ブランドものを持つことによって「私ってすごいでしょ」と
見栄を張っていたのと何も変わっていないのかもしれませんが、
「それどこの?素敵だね」と思われることに優越感を感じているのです。

 

といっても好みはひとそれぞれですので、
そう思われているかもしれないと思って満足しているだけなのですが。

 

今はブランドものにはこだわらなくなりましたが、
もし誰かにプレゼントしていただけるなら上記の4つの条件を満たした財布がいいですね。

 

意外と知らないランドセルの扱いは?

 

「他のことは違う、自分だけの個性を持ったランドセルがほしい・・・」
そう思う人は少なくないと思います。
その場合には、やはりオーダーメイドのランドセルがオススメです。

 

オーダーメイドランドセルの価格相場は?

 

オーダーメイドランドセルには、様々な種類があり、相場がつけにくい状況です。
「どの程度こだわるのか」によって、値段がまったく違ってきてしまうからです。

 

ただごくごく大雑把にいえば、だいたい5万円以上ということになるでしょう。
ただもちろん、上を見ればキリがありません。

 

オーダーメイドのランドセルを購入する際には、まず「期間限定」である場合が多いので
注意が必要となります。
オーダーメイドは生産できる個数に限りがあるため、どのメーカーでも個数を限定しています。
ですからもし予約期間内であっても、受注個数を終了してしまえば、
早めに予約が打ち切られてしまう場合もあります。

 

オーダーメイドはどのように注文するの?

 

オーダーメイドの多くは、まずは基本的な型があり、そこに希望のオプションを
付けていくということが多いようです。
基本の方は、ごくごく一般的なものであれば5万円〜、
それにオプションは、平均して4千円くらいなることが多いようです。

 

オプションには様々な種類があり、まず縫い糸の色は、好きなものを選ぶことができます。
それからコバの色を替えたり、持ち手を取り付けたり、背中のDカンを変更したり、
などということも可能となります。

 

場合によっては、一般には販売されていない色を選択できる場合もあり、
こうなると本当に、こだわりのランドセルと言えることになると思います。

 

オーダーメイドは最近人気が高くなっていて、おじいちゃん、おばあちゃんが
孫へのプレゼントをする場合にも、オーダーメイドのランドセルを選ぶことが
多くなっているようです。

 

※参照サイト
【2015年度】フィットちゃんランドセル最新人気特集!

 

ランドセルをオーダーする際の注意点

 

オーダーメイドランドセルでは、色を好きな様に選ぶことができます。
ですから逆にいえば、カラーコディネートをしっかり自分で考えないと、
おかしなものになってしまう可能性もあります。

 

カラーコーディネートは、基本は同系色で揃えるのが無難となります。
また対照的な色を組み合わせたり、一点だけに差し色を入れるなどということも、
コーディネートとしてはより高度になりますが、オシャレな印象になると思います。